ポケトークの導入企業を紹介!インバウンド対応ツールとしての実績も

自動翻訳機のポケトークは様々な企業で導入されており、インバウンド対応ツールとして活用されている例もあります。この記事では、ポケトークの導入企業や導入したことのメリットについて書いています。

▼▼ ポケトークSの購入・レンタルはコチラ ▼▼
ポケトーク公式サイト

ポケトークの導入企業

ポケトークの導入事例は、ポケトーク公式サイトの法人向けページで紹介されています。

最新機種は2019年12月6日に発売されたポケトークSですが、ポケトークSの導入事例はまだ紹介されていません。

ただ、旧型のポケトークWでも対応言語と翻訳性能はポケトークSと同じです。

ポケトークWの導入事例でも参考になるところはあると思うので、この記事ではポケトークWの導入事例について紹介します。

 

ポケトークは3000以上の企業で導入されています。

業種は交通機関、Wi-Fiレンタル、化粧品・ドラッグストア、小売、飲食、サービス、旅行、宿泊施設、レンタル事業など多岐にわたっています。

 

ポケトーク導入企業の一例

<交通機関>

  • JR東日本
  • JR西日本
  • ANA
  • 大阪モノレール

<旅行関連>

  • イモトのWi-Fi
  • JAL ABC
  • かんぽの宿

<観光・アミューズメント>

  • 株式会社タイトー
  • 名古屋市科学館
  • 株式会社バンダイナムコアミューズメント

<飲食、サービス>

  • キリンビール株式会社
  • モスバーガー
  • 株式会社つぼ八

<小売>

  • 株式会社スギ薬局
  • タワーレコード株式会社
  • 東海キヨスク株式会社
  • 株式会社ファンケル

など

 

ポケトークの必要性

ポケトーク公式サイトで掲載されている導入レポートを基に、ポケトークの必要性と導入のメリットについてまとめてみました。

企業によって事情は様々ですが、以下のようなポケトークの必要性を感じ、導入に至る企業が多いです。

  • 外国人スタッフがいるが、話せる言葉と人数に制限がある。
  • 外国人スタッフを探している間に、お客様が帰られてしまう。
  • 英語のプリントを用意しているが、英語ができないお客様も増加し対応できなくなった。
  • お客様の聞きたいことについて理解が至らず、お客様が帰られてしまう。
  • 日本人にも説明をするのが難しいことを、外国語で説明するとなるとお手上げになってしまう。

 

ポケトーク導入のメリット

活用例を見てみると、訪日外国人への対応で活用している例が多いです。

外国人の国籍としては、英語圏の方も多いですが、中国・韓国の方も急増し、対応に迫られているようです。

ポケトークを導入したことで得られたメリットをまとめてみました。

  • 未知の言語を話すお客様でもスムーズに接客に移行できた。
  • 日本人にも説明が難しい、店特有の内容も正確に伝わった。
  • 頻繁に受ける質問は、事前に履歴を見せるだけで、ご案内が完了するのが効率的で良かった。
  • なかなか出ない英単語もポケトークで正確かつ丁寧にお伝えできた。
  • 周囲が騒がしくてもディスプレイを直接お見せすれば確実にお伝えすることができた。
  • 個人所有のスマホに依存しないため、管理しやすい。
  • かしこまった文章ではなく自然な会話を翻訳してくれる。
  • 店舗ではBGMがかかっているが、聞き取りも問題ない。
  • お客様に様々な提案ができるようになり、売り上げの増加につながった。
  • お客様に以前なら理解も回答できなかったことが回答できるようになり、お客様の納得感につながった。
  • スタッフの接客の積極性が上がり、説明内容も良くなった。
  • お客様と会話で盛り上がることができた。
  • トラブルに適切に対応できた。

 

観光客だけでなく、外国人労働者とのコミュニケーションツールとして活用している例も見られます。

お客様がポケトークに興味を持たれて、どこに売っているのか聞かれるという話もあり、面白いなと思いました。

 

ポケトークSの価格(法人用)

ポケトークシリーズの最新機種は、ポケトークSとなっています。

引用:ソースネクスト

購入の場合

グローバル通信(2年)付きモデル 29,800円

グローバル通信なしモデル   24,800円 

 

レンタルの場合

グローバル通信付きモデル 月額2000円/台(参考価格)

※ グローバル通信なしモデルは取り扱いなし

▼▼ ポケトークSの購入・レンタルはコチラ ▼▼
ポケトーク公式サイト

 

法人の場合はポケトーク公式サイトで購入又はレンタルの手続をすることができます。

購入、レンタルのどちらにするか迷っている方はコチラの記事をご参照ください。

 

ポケトークの導入企業とインバウンド対応ツールとしての実績のまとめ

ポケトークは3000以上の企業で導入されています。

導入レポートを見てみると、どの企業も一歩進んだ接客ができるようになり、より深くお客様の要望を聞くことができたり、これまでできなかった提案ができるようになったというケースが多かったように思います。

ポケトークはお客様もスタッフも両方笑顔になれる素晴らしいツールです。

2020年は特にオリンピックもありますし、ポケトークの需要はますます拡大することが予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です